NeRiCaのビバビバ日記

カエルとカニを殺したことがあります。

鬼滅の刃読んだけど、僕は韋駄天の呼吸を使える

はいどうも!NeRiCaです。

 

今日は鬼滅の刃を読みました。

鬼滅の刃

文字だけでかっこいいね。大流行りのアレ。僕は流行りものに手を出すのがプライド的に許せないダサい人間なのですが、母が全巻揃えたので読む事にしました。

 

感想は

very interesting

とても面白かったです。主人公の竈門炭治郎が成長していく姿、とても良い!周りのキャラクターも個性があって良かったです。

 

鬼滅の刃では全集中の呼吸、水の呼吸、雷の呼吸、というようにいくつかの呼吸があって、呼吸を使って身体能力を向上したり、技を出すんです。

 

これが鬼滅の刃の面白いところの一つなのですが、もしかすると、僕も呼吸を使えたかもしれません。

 

それは2、3年前、高校の体育の授業で持久走をしていた頃の話です。僕は運動が苦手なのですが、それなりに努力して早くなろうと必死でした。当時、NHK大河ドラマで「いだてん」をやってました。親が見てるのを少し見た、というくらいでしか見ていなかったのですが、主人公が長距離を日々走っているうちに独自の呼吸法を編み出した所を見ました。

 

これは使うしかない!

 

心の中でそう決め、次の体育の授業に臨みました。いだてんの呼吸で走りました。結果としては、とてもうまく行きました。大成功です。いだてんの呼吸は「吸、吸、吐、吐」。音にすれば「すっ、すっ、はっ、はっ」という呼吸なのですが、かなり走るのが楽になりました。

 

コイツはうまくいったなぁ。そんなことを思いながら、その日の体育は終わったのです。後の休み時間で同じ授業中に走ってた女の子に言われました。

女「NeRiCaクンって機関車みたいな呼吸してるね」

僕「…そっすね。」

 

ポーーーッ!!!

とっても恥ずかしい。まあ確かに「すっ、すっ、はっ、はっ」と「しゅっ、しゅっ、ぽっ、ぽっ」は似てますけどね。でもさぁぁ、韋駄天だよ?東京オリムピック目指した人間の呼吸だよ?なんだか悲しくなりました。挙げ句の果てには

「呼吸意識してるのに、そんなに速くないよね笑」って言われました。

悲しい。悲しいです。その女の子はクラスの中で一番遅い女だったので余計にイヤでした。恥ずかしかったです。思春期の男子って余計な恥かきがちですよね。

 

まあそれでも、僕は韋駄天の呼吸の使い手だと皆さんに覚えておいてもらいたいです。頑張ったら鬼滅の刃にも出れるかな?尽力します。

 

韋駄天の呼吸

壱の型

恥掻汽車(ちそうきしゃ)!!